CBメディカル、2019年6月から群馬県太田市の医療法人を支援開始 経営効率を最大化し適正な収益を確保、これからの医療法人経営を「医経分離」体制で支援

CBメディカル、2019年6月から群馬県太田市の医療法人を支援開始 経営効率を最大化し適正な収益を確保、これからの医療法人経営を「医経分離」体制で支援
株式会社CBメディカル ロゴ
株式会社CBホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木 尚之)のグループ会社で、医療機関・介護・福祉施設の経営支援を行う株式会社CBメディカル(本社:東京都港区、代表取締役:廣渡 弘美、以下 CBメディカル)は、2019年6月1日より、第1号案件となる医療法人 ふじあく医院(本社:群馬県太田市、理事長:馬場 尊氏、以下 ふじあく医院)の経営支援を開始しましたので報告します。今後、ふじあく医院の経営管理に関しては実務含めCBメディカルが総合的にサポートします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185861/LL_img_185861_1.png
株式会社CBメディカル ロゴ

■第1号案件 「ふじあく医院」の経営支援について
ふじあく医院は、群馬県太田市にある「介護老人保健施設(以下、老健)」を1施設、通所リハビリを初めとした附帯事業を5事業、展開している医療法人です。現在、先代理事長が逝去され、現理事長(馬場 尊氏)が、東京に在住しながら、非常勤理事長として勤務しています。しかし遠隔での経営、度重なる介護報酬改定から、老健施設の経営環境は厳しくなりつつあります。今後も地域に医療を提供し続けるため、介護経営を抜本から改革すべく、CBメディカルに依頼がありました。


■CBメディカルが経営支援する内容
経営管理に関して実務含めCBメディカルが総合的にサポートします。具体的には、資金調達等の財務面の支援のほか、専門コンサルタントが施設内に常駐し、経営戦略、収支計画、人事・採用関連、経営上必要な事務関連の実務まで行います。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年6月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。