高齢化社会の暮らしを豊かに・手すりやスロープなどユニバーサルデザイン公募『デザインアワード』当社初開催 高齢者疑似体験や介護リフォームセミナーも予定

高齢化社会の暮らしを豊かに・手すりやスロープなどユニバーサルデザイン公募『デザインアワード』当社初開催 高齢者疑似体験や介護リフォームセミナーも予定
本アワードのポスター
介護向け住宅リフォーム事業を行う株式会社ユニバーサルスペース(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:遠藤 哉)は、『第1回 介護の視点から暮らしをイノベーションするデザインアワード』を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/186930/LL_img_186930_1.jpg
本アワードのポスター

本アワードでは、「高齢化社会の暮らしを豊かにする」をキーワードにデザインアイデアを募集します。これは才能ある学生やデザイナーと出会い、応援、コラボレーションを目的としたコンペティションで、当社初の取り組みです。

当社は2013年より介護リフォームフランチャイズチェーン『介護リフォーム本舗』を展開し、現在では関東を中心に全国61店舗まで拡大しています。累計工事実績40,000件超、2018年度の工事実績前年比120%・売上前年比125%と、創業時から右肩上がりで順調に推移。2016年にビジネスモデルが経済産業省の『先進的なリフォーム事業者表彰』で経済産業大臣賞、2019年2月には『かながわビジネスオーディション2019』にて申請企業140社中の最高峰の神奈川県知事賞を受賞しています。


■介護リフォームの力で高齢化社会にイノベーションを
意匠力のある商品の開発を目論む
高齢化社会を突き進む日本において、段差解消や手すり取り付けなどの介護やバリアフリーのリフォームニーズが急速に高まっています。人生100年時代と言われる中、今後さらに住環境や生活習慣などに合わせた家づくりは必要になっていきます。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年6月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。