日本初!介護従事者216万人の業務を助ける!転倒検知トラッキング型AIを提供する「AXIVE(アクシヴ)」

日本初!介護従事者216万人の業務を助ける!転倒検知トラッキング型AIを提供する「AXIVE(アクシヴ)」
高齢者の転倒検知(開発中画像)
AI技術開発ベンチャー「株式会社AXIVE(アクシヴ、本社:東京都千代田区、代表取締役:大槻 玉枝、 http://axive-ai.co.jp/ 、以下 AXIVE)」は、介護領域に活用可能な「うずくまった」「よろけて転んだ」といった姿勢・動作を認識するトラッキング型AI技術を開発しました。
当技術は、高齢者が人目を離れた【一人の時】に発生する危険な【転倒】をAIがリアルタイムで【検知】することができるAIシステムです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188025/LL_img_188025_1.jpg
高齢者の転倒検知(開発中画像)

(AI技術の説明動画はこちら: https://youtu.be/8NmKLuofuB4 )


当技術は、公益財団法人東京都中小企業振興公社が運営する、「次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業」の採択企業に選定され、商品化プロジェクトが現在進行中です。


[転倒転落が救急搬送の8割]
東京消防庁の統計*では高齢者の救急搬送72千人のうち80%の58千人が転倒転落です。


[介護現場が望む検知TOP3]
1位:居室・トイレ内の転倒検知
2位:徘徊検知
3位:排尿・排泄検知

AXIVEは、【高齢者の転倒検知】に焦点を当てたAIエンジンを開発し、介護現場の負担軽減を目指します。


AXIVEは、介護や高齢者見守りの現場へのAI導入を通じ、お客様と社会に大きなメリットを提供することに取り組んでおります。中でも、ディープラーニングを活用した高齢者見守り・自立支援の領域を重点取組分野と位置付けており、今回採択された研究開発テーマ「AIによる高齢者見守りシステムの開発」は、斬新な着想とそれを具現化する技術力が評価されたものと考えております。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年7月17日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。