移動式オービスの現状と最新のレーダー探知器についての情報公開 交通違反取り締まりで、今までの常識が通用しない新ステージに!

移動式オービスの現状と最新のレーダー探知器についての情報公開 交通違反取り締まりで、今までの常識が通用しない新ステージに!
南知多道路での移動式オービス
最大級オービス情報サイト「Orbis Guide」( https://orbis-guide.com/ )を運営する有限会社パソヤ(所在地:千葉県成田市、代表者:大須賀 克己)は、全国的に普及が進んでいる移動式オービスの現状についてのまとめを公開いたします。
あわせて、7月10日愛知県の南知多道路で運用されたレーザー式の移動式オービスに対し、2社の最新のレーザー&レーダー探知器がどう反応するのかをテストした結果も報告します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188503/LL_img_188503_1.jpg
南知多道路での移動式オービス

【移動式オービスとは】
移動式オービスは、自動車の速度違反を自動で取り締まることができる新型の小型取締装置です。正式には可搬式速度違反自動取締装置とか半可搬式速度違反自動取締装置といいます。また、ワゴン車に搭載されたタイプが従来からありますが今回はそれではありません。


【導入地域について】
移動式オービスは7月現在、北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・島根県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・富山県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・兵庫県・奈良県・岡山県・広島県・香川県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県で稼働中または導入決定が公表されています。さらに令和2年には全ての都道府県に導入されるようです。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年7月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。