国内最速離床検知機能搭載(*注1)した介護向け次世代見守りモニター「AiSleep」リリース 中国養老市場開拓も視野に、中国上海市衛生保健委員会トップが視察来社

国内最速離床検知機能搭載(*注1)した介護向け次世代見守りモニター「AiSleep」リリース 中国養老市場開拓も視野に、中国上海市衛生保健委員会トップが視察来社
介護見守りモニタAiSleep
生体ゆらぎによる健康予知技術を得意とする株式会社TAOS研究所(本社:横浜市港北区、代表取締役:苗 鉄軍、以下 TAOS)は、介護見守り業界向けに、介護者の状態変化と危険を早期に察知する新機能を搭載した見守りモニター「AiSleep」を2019年7月24日(水)にリニューアル販売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189326/LL_img_189326_1.png
介護見守りモニタAiSleep

TAOSは産学官連携に取り組み、筑波大学看護学部川口教授の指導を仰ぎ、複合型高精度空気センサーの開発とゆらぎ解析の融合技術を通して、遠隔看護の国プロ研究を進めてきました。その中で、AiSleepの製品開発の基となる先行要素技術が確立し、横浜市経済局の支援のもとで、介護現場での実証実験と介護従事者との意見交換を繰り返しながら、現場で活かせる機能化を取り入れました。また中国においても喫緊の社会問題である老齢化問題解決の糸口として、6月18日視察に来社された中国上海市衛生保健委員会トップ一団に対し、見守りモニター関連商品の提案を行い、高齢化が急激に進んでいる上海市にモデルケースとしてAiSleepの導入を提案中です。


■見守りセンサーAiSleepの改良点
●転倒事故防止用離床検知・発報の高速化:3~5秒(国内最速(*注1))
●転落・離床の事前対応機能:離床前の状態(起き上がり)の検出

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年7月24日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら