スポンサーとCROは臨床試験を刷新し、スピードアップさせる取組みを加速させています。

臨床開発業務のプロフェッショナルを対象とした過去最大規模の調査であるVeeva 2019 Unified Clinical Operations Surveyの結果、現在ライフサイエンス業界全体で、臨床試験の可視性とコラボレーションを向上させるために、試験のプロセスとシステムの効率化が推し進められていることが明らかになりました。

Veeva Systems【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)が新たに実施した調査によると、対象となった回答者の全員(100%)が、臨床試験パートナー間の情報交換の改善が必要だと回答しています。回答者は、スポンサー、CRO、試験実施医療機関の間での臨床試験データや文書の共有に平均して少なくとも3種類の方法を用いており、電子メールを最も多く使用しています。大半の回答者は、情報交換の効率化に向かっている動きの促進要因として、臨床試験期間における手作業のプロセスの削減(71%)、コラボレーションの改善(66%)、可視性とオーバーサイトの向上(64%)の必要性を挙げています。(本リリースは、Veeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です。
原文はこちらからお読みいただけます。)
原文: https://www.veeva.com/resources/new-survey-finds-fragmented-processes-and-system-silos-slowing-clinical-trials/

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年7月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。