多様化する食スタイル 業務用に広がる植物性食 カゴメから植物素材のパスタソースが新発売!『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』・『きのこの豆乳クリーム』

多様化する食スタイル 業務用に広がる植物性食 カゴメから植物素材のパスタソースが新発売!『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』・『きのこの豆乳クリーム』
左:根菜と大豆ミートのボロネーゼ、右:きのこの豆乳クリーム
まめプラス推進委員会(代表:不二製油グループ本社株式会社、以下:まめプラス)は、全国49の企業・学校・団体が協力し、おいしく、たのしく、ヘルシーに大豆を中心とした「まめ」を食生活にプラスするライフスタイルを推進しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/189764/LL_img_189764_1.jpg
左:根菜と大豆ミートのボロネーゼ、右:きのこの豆乳クリーム

カゴメ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:寺田 直行、以下:カゴメ)は、業務用商品として動物性原料を配合せず植物素材でつくったパスタソース『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』と『きのこの豆乳クリーム』を2019年7月30日(火)より全国で販売いたします。(一部、インターネット販売も実施いたします)


■多様化する食ニーズに対応
日本政府観光局の発表によると、6年連続で訪日外国人旅行者数が増えており、2018年には初めて年間3,000万人を超えました。米国では菜食主義といわれるベジタリアンやヴィーガンだけでなく、植物性食を中心に肉類も食べる「フレキシタリアン」の人口が全体の36%※1を占め、植物性たんぱく質の世界市場は2025年までに約163億米ドル(約1兆7690億円)に、2017年の100億米ドル(約1兆840億円)から1.5倍の成長が見込まれると言われています※2。日本国内では、増加する訪日外国人旅行者を受けて、ホテルや飲食店などでも多様化する食ニーズの対応が課題といわれています。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年7月30日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。