サポートサイトの経済効果、トップはdocomo(携帯電話会社)で159億円 ―トライベック・ブランド戦略研究所調べ―

サポートサイトの経済効果、トップはdocomo(携帯電話会社)で159億円 ―トライベック・ブランド戦略研究所調べ―
顧客サポート調査2019
株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:後藤 洋)は、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2019」によるサポートサイト価値ランキングを発表しました。
本調査では21分野、125製品・サービスのサポートサイトおよびコールセンターについて、利用経験者による評価を行っています。
(インターネット調査、有効回答数12,000人、調査期間2019年5月31日~6月25日)


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191901/LL_img_191901_1.jpg
顧客サポート調査2019

「サポートサイト価値」とは、サイト利用頻度や問題解決率などから「サイト上での問題解決回数」を推定し、仮にサイトがなかったら発生したであろうコールセンターにおける電話対応コストとして金額換算したもので、サイトによって企業側が享受した経済的メリットのシミュレーションを行ったものです。サポートサイト価値の計算式は以下の通りです。

「サポートサイト価値」=「サイト上での推定問題解決回数」×「コールセンター単価」
(※コールセンター単価(コールセンターにおける1コールあたりのコスト)はコールセンター委託業者の委託費用を参考に2,000円を設定)

サポートサイト価値が最も高いのは「docomo(携帯電話会社)」で159億円、以下、「楽天カード(クレジットカード)」が126億円、「パナソニック(家電製品)」が115億円と続きました。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年9月3日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら