ミドル2500人に聞く「男性育休」実態調査53%が「男性の育休義務化に賛成」と回答。取得率が低い理由、第1位は「社内に育休自体を取りやすい雰囲気がない」。

ミドル2500人に聞く「男性育休」実態調査53%が「男性の育休義務化に賛成」と回答。取得率が低い理由、第1位は「社内に育休自体を取りやすい雰囲気がない」。
男性の育休義務化についてどう思いますか?
人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するミドル世代のための転職サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/)上で、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「男性育休」についてアンケートを行ない、男女2,509名から回答を得ました。


■ 調査結果概要
★ 53%が「男性の育休義務化に賛成」と回答。
★ 男性の86%が「育休を取得したい」と回答。一方、取得経験者は10%にとどまる。
★ 男性育休の妥当な期間は「1ヶ月~3ヶ月未満」。取得者の実態は「3日~5日未満」が最多。
★ 男性の育休取得率が低い理由、第1位は「社内に育休自体を取りやすい雰囲気がない」。


■ 調査結果詳細
1:53%が「男性の育休義務化に賛成」と回答。(図1)
「男性の育休義務化についてどう思いますか?」と伺ったところ、53%が「賛成」と回答しました。40代、50代に比べ、30代での「反対」(21%)が多い結果でした。

【図1】男性の育休義務化についてどう思いますか?
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193184/img_193184_1.png


2:男性の86%が「育休を取得したい」と回答。一方、取得経験者は全体の10%にとどまる。(図2、図3)
男性に「もしこれから子供が生まれるとしたら、育休を取得したいと思いますか?」と伺ったところ、86%が「取得したい」(積極的に取得したい:41%、できれば取得したい:45%)と回答しました。一方、男性でかつ、お子さんがいる方に育休取得経験の有無を尋ねたところ、「ある」は10%でした。取得意向は高い一方で、取得にはハードルがあるようです。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年9月10日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。