ジャパニーズ・ウイスキーで全国のクラフト蒸留所が世界に挑む、熱き男たちが語る13のストーリー『新世代蒸留所からの挑戦状』が9月20日全国の書店にて発売

■本書で紹介されている蒸留所
・秩父蒸溜所/肥土 伊知郎(あくと いちろう)
イギリスのウイスキー専門誌『ウイスキーマガジン』主催の世界的なウイスキーのコンペティション『ワールド・ウイスキー・アワード』などで数々の賞を受賞している“イチローズ・モルト”の生みの親であり、2019年8月に開催された香港のオークションにて、「イチローズモルト・カードシリーズ」の54本セットが約1億円で落札されるなど、海外では“レジェンド”や“スター”とも評されている人物。日本で単独の蒸留所を35年ぶりに誕生させた人物でもあり、クラフト蒸留所の第一人者。

・ガイアフロー静岡蒸溜所/中村 大航(なかむら たいこう)
もともとは精密部品の製造会社で社長をしていたのだが、ウイスキーに魅了され、異業種からウイスキー造りに挑戦した異端児。蒸留所の設立時には、行政を巻き込んでの一大プロジェクトにまでに発展させ、蒸留所建設の発表は、静岡市長との共同記者会見で行われた。また、世界で唯一の薪の直火で蒸留するポットスチルを導入するなど、チャレンジ精神も旺盛な人物でもある。

・三郎丸蒸留所/稲垣 貴彦(いながき たかひこ)
『三郎丸蒸留所改修プロジェクト』として、クラウドファンディングで蒸留所存続のための支援を呼びかけるなど、革新的な考えの若きチャレンジャー。
ウイスキー製造のメイン設備であるポットスチルを、大型の梵鐘(ぼんしょう:寺院のつりがね)を作る『老子製作所』に依頼し、世界初となる鋳造によるポットスチルを開発したり、地元の林業家と木工の町である井波の職人がタッグを組むことでミズナラを使った樽作りに取り組んだり、こうじを育てていた部屋をシアターに改修して、ウイスキー造りをプロジェクションマッピングによる動画で説明したりと、イノベーターとしての力を発揮している。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る 2019年9月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。