1月23日は「算額文化を広める日」数学の額「算額」を東大寺に6度めの奉納 今年は大仏さまと南大門にちなんだ2問を出題

1月23日は「算額文化を広める日」数学の額「算額」を東大寺に6度めの奉納 今年は大仏さまと南大門にちなんだ2問を出題
2020年に奉納する算額(イメージ)
公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、華厳宗大本山「東大寺」(奈良県奈良市)に数学の額「算額」を奉納するための式典を、2020年1月23日(木)に執り行います。

「算額1・2・3」公式ホームページ
https://www.sangaku123.jp/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203018/LL_img_203018_1.jpg
2020年に奉納する算額(イメージ)

■1月23日を「算額文化を広める日」と定め、算額文化の普及を支援
算額とは、江戸時代の日本で、数学者や一般庶民の数学愛好家たちが額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納しあった歴史あるものです。当協会は、1・2・3の数字の並びがだれもが最初に接する数学文化の1つであることから、毎年1月23日を「算額文化を広める日」と定め、2020年もこの日に東大寺に算額を奉納いたします。当協会が東大寺に算額を奉納するのは、昨年2019年1月に引き続き6年連続6回めです。
東大寺は、かつて学問寺として、学僧を養成する大学のような役割を果たしていました。当協会の算額は、考える喜びや問題を解く楽しさを体験し、算数・数学の学びを深めてもらうことを目的としていることから、現代に復興して奉納するお寺として東大寺がふさわしいと考え、算額を奉納しています。


■2020年の問題は「参拝者の人数」と「南大門の重さ」を問う問題

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。