テクノジム、矢巾町(岩手県)と官民連携による住民の健康づくりに関する協定を締結

テクノジム、矢巾町(岩手県)と官民連携による住民の健康づくりに関する協定を締結
写真
ウェルネスカンパニーのテクノジム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:絹田 信也、以下「テクノジム」)は、矢巾町(岩手県紫波郡)と学校法人岩手医科大学(岩手県紫波郡矢巾町、理事長:小川 彰)、日本調剤株式会社(東京都千代田区、代表:三津原 庸介)、株式会社タニタヘルスリンク(東京都文京区、代表取締役社長:丹羽 隆史、以下「タニタヘルスリンク」)、株式会社ドリームゲート(山形県山形市、代表:村上 勇)と、矢巾町が取り組む「メディカルフィットネス推進事業」における連携・協力に関する包括協定を締結しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206787/LL_img_206787_1.jpg
写真

本協定の目的は、地域の健康づくりのさらなる発展のため、住民の健康、運動データの「見える化」、個人の健康状態に応じた運動や食事等の提案、健康寿命の延伸などの健康増進施策など、健康的な地域社会の持続的な発展を図るもので、2020年3月に岩手医科大学附属病院 健康プラザ棟にオープンするメディカルフィットネス施設「ウェルベース矢巾」を拠点に官民が連携して取り組むものです。

テクノジムは“ウェルネスカンパニー”として20年以上にわたり、「定期的なエクササイズ」「バランスの取れた食生活」「ポジティブシンキング」を通して「クオリティ・オブ・ライフ」(生活の質)を向上させる健康的なライフスタイルである“ウェルネスライフスタイル”を提唱しています。さらにメディカルフィットネスの分野においても「健康寿命の延伸」「医療費の削減」「雇用の創出」を推進し、これまで多くのメディカルフィットネス施設の導入、フォーラム・セミナーを開催してきました。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月27日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。