シリーズ78万部突破『3000円投資生活』著者から緊急メッセージ!コロナショックで不安な皆さまにお届けします。

シリーズ78万部突破『3000円投資生活』著者から緊急メッセージ!コロナショックで不安な皆さまにお届けします。
『はじめての人のための3000円投資生活』

世界的な不況…。でも実は投資を始めるなら今です!


2月20日ごろを境に、世界的に株価はぐぐっと下がり、日経平均株価は2万円を大きく割り、そして18000円台なんてことにもなりました。いうまでもなくコロナショックで、どんどん株価が下がっています。
そうすると、「株価が下がってるのに投資なんてしないでしょ」という声や、すでに投資を始めている人からは「一度、売却すべきでしょうか?」「評価額が下がった!投資なんてしなければよかった!」なんて声が聞こえてきます。
しかし、それは大きな間違いであり、「3000円投資生活」のように長期でコツコツ投資をする人からすれば、チャンス。現在のような経済ショックが起きることは、折り込み済みで、完全な想定内です。
下がった時の鉄則は、「buy&hold」。買い足す、そのまま保有です。
もう一歩進めていえば、下がったときこそ、買い時、投資のはじめ時です。


コツコツ長期で投資をするから、経済ショックもチャンスに変わる

これまでも、2007年サブプライムローン問題や、2008年のリーマンショックなど大変な不況がありました。身近である国内でいうと、日経平均は2万円どころか1万割れ。7000円台の時もあり、1万円付近がしばらく続いた時代もあります。
もしもですが、その時から長期で積み立て投資をしていたら、今、どうなっているでしょう。1万円割れで買った投資信託は、どんどん価値を上げていき、さらには複利効果で大きな利益をもたらしてくれたでしょう。2020年の現時点で、大きな結果を手にしている人は、株価が低かった2000年前半から投資をしている人です。
もちろん、不況下に投資を続けていると目の前の評価額がぐぐっと下がっていくので、投資に対して後ろ向きになるのは、無理もありません。不安になりますし、このまま続けていっていいのかと悩んでしまいますよね。
しかし、マーケットはいつか必ず戻ります。
株価が下がったときほど「buy&hold」。買い足す、そのまま保有という鉄則に従い、今は投資を始める、または続けるときなのです。


あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。