防災教育の人形劇「カンカン塔の見はり番」、累計観覧者数が3,000名を突破 子ども達の防災意識の醸成を目的に2016年より全国で実施

防災教育の人形劇「カンカン塔の見はり番」、累計観覧者数が3,000名を突破 子ども達の防災意識の醸成を目的に2016年より全国で実施
カンカン塔の見はり番
TOA株式会社(本社:神戸市、社長:竹内 一弘)は、音と防災をテーマとした創作人形劇、TOA音の防災シアター「カンカン塔の見はり番」の累計観覧者数が3,000名を突破したのでお知らせします。「カンカン塔の見はり番」は企業メセナ活動の一環として毎年、全国の防災や教育関連施設などで開催しています。2016年の初公演依頼、4年間で全国32施設、57公演実施しました。これからもTOAは子ども達の防災意識の醸成を目指し、危機を報せる音の大切さを伝える活動を続けてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209210/LL_img_209210_1.jpg
カンカン塔の見はり番

■子ども達の防災意識を醸成
「カンカン塔の見はり番」とは、子ども達の防災意識の醸成を目的とした創作人形劇で、とりわけ危機を報せる音をテーマとした、完全オリジナルの作品です。人形劇の上演を通じて、災害時に音に注意を払い、自ら考えて避難行動をとることの重要性を伝えています。全国の学校や保育園などの教育施設、地域の防災イベントなど、子ども達が集まる場所に赴き、無償公演を行っています。
1人でも多くの児童に減災・防災の学びの機会を提供するため、2018年には人形劇と同様の内容をWEB絵本化して、当社ホームページにて公開しています。さらに、2019年には冊子絵本化し、全国の保育園や小学校などの教育施設や図書館、防災施設への寄贈活動を行っています。人形劇だけでなく、絵本の読み聞かせによる防災意識の醸成も目指し、更なる認知拡大を目指しています。

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。