〈ドラッグストア2020年2月のインバウンド消費調査〉1店舗あたりのインバウンド購買金額が6割減少 ~ドラッグストア国内消費全体は、感染防止対策商品の需要で16.1%増加~

〈ドラッグストア2020年2月のインバウンド消費調査〉1店舗あたりのインバウンド購買金額が6割減少 ~ドラッグストア国内消費全体は、感染防止対策商品の需要で16.1%増加~
ドラッグストアのインバウンド消費購買金額の推移 1店舗あたりの売上金額(円)
ビッグデータマーケティングの株式会社True Data(トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2020年2月のインバウンド消費動向調査を発表します。


当社の調査によると、ドラッグストアにおける1店舗あたりのインバウンド消費購買金額は、前年同月と比べ59.9%※1減少しました。ドラッグストアではインバウンド消費が大幅に落ち込む一方、国内消費は新型コロナウイルス対策で除菌・殺菌などのカテゴリの需要により、前年同月と比べ16.1%※2増加しました。

JNTOによると2月の訪日外客数は、新型コロナウイルスの影響により、中国で団体ツアー等の販売が禁止されたことなどから、前年同月と比べ58.3%減少しました。海外から日本への入国が難しくなっていることや、世界的に海外旅行を控える動きが発生していることから3月もインバウンド消費の落ち込みが懸念されます。一方、報道では、「リベンジ消費」という言葉も聞かれるようになってきました。新型コロナウイルスが収束した後に、大きな需要が生まれる可能性もあります。
※1 2020年はうるう年のため+1日分を調整し前年同月と比較した場合、61.3%減少
※2 2020年はうるう年のため+1日分を調整し前年同月と比較した場合、12.1%増加


■ドラッグストアのインバウンド消費購買金額の推移 1店舗あたりの売上金額(円)

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月31日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。