英語が使えない原因は「考える」プロセスの欠如

英語が使えない原因は「考える」プロセスの欠如
CLILの「4つのC」
       
子どもたちが社会で実際に英語を使えるようになるには、どのような学び方をすればいいのでしょうか?
ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(※以下、IBS)は、日本の学校教育でも少しずつ取り入れられるようになってきた「CLIL(Content and Language Integrated Learning:内容言語統合型学習)」の理論について、池田真教授(上智大学)にオンライン取材を行いました。


■ CLILの理論はシンプルで実践的
CLILは、何かのテーマや教科(=内容。例えば算数、理科、社会など)と、「言語」(外国語)の学習・指導を組み合わせる教育アプローチ(日本CLIL教育学会, 2017)のことで、ヨーロッパで普及しています。

日本では、小中高の学習指導要領で英語教育とほかの教科(国語科や音楽科、図画工作科など)を結びつける工夫が求められています(文部科学省, 2017)。約10年間にわたり、CLILの日本での指導方法や教員養成、教材開発について研究してきた池田教授は、この方針はCLIL的な発想だと指摘。すでに小学5、6年生の検定教科書にもCLILの考え方が取り入れられてきています。

池田教授によれば、CLILは「Content」(科目の内容)、「Communication」(読み書きのスキル、単語や文法、発音などの言語知識)、「Cognition」(思考力)、「Culture」(多様な文化的背景の人たちとコラボレーションすること)という「4つのC」にまとめられます。そして「『4つのC』を教材づくりや授業の実践、評価にバランスよく取り入れると、すごく良い教育ができる」といいます。

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。