福島で育てた桜「はるか」を常磐道SA利活用拠点施設「セデッテかしま」(南相馬市)へ寄贈

福島で育てた桜「はるか」を常磐道SA利活用拠点施設「セデッテかしま」(南相馬市)へ寄贈
拡大する(全2枚)
新種の桜「はるか」
NTTファイナンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂井 義清 以下 NTTファイナンス)は、東日本大震災からの復興を願い、福島や東北、さらには全国を応援することを目的とした「fukushimaさくらプロジェクト」に2013年から参加しています。来年3月に震災発生から10年を迎えるのを前に、今年度は福島県南相馬市の常磐自動車道サービスエリア利活用拠点施設「セデッテかしま」へ、復興のシンボルとして福島県で育てられた新種の桜「はるか」の苗木を寄贈することといたしました。来る12月14日月曜日に現地において植樹式を行います。
「fukushima さくらプロジェクト」は、福島県内で育てられた新種の八重桜「はるか」の苗木を全国へ植樹活動を行うことで、福島・東北さらには全国を応援し、大震災の記憶の風化を防ぎ、復興支援につなげる取り組みを行っています。NTTファイナンスにおいても、これまで各地で植樹活動を行っており、今回で5回目となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/237956/LL_img_237956_1.jpg
新種の桜「はるか」


◆「セデッテかしま」への「はるか」寄贈・植樹について
東日本大震災において、南相馬市は津波や原子力発電所の事故により甚大な被害を受けましたが、復興に向け懸命な努力を続けてきました。「セデッテかしま」は南相馬市のサービスエリア利活用拠点施設として、2015年4月に開設されました。観光、交流の拠点として賑わいをみせており、地域復興の一端を担っています。現在、「セデッテかしま」では、周囲の里山を含めて様々な花々が楽しめるようにする「花見山プロジェクト(仮称)」が進められ、植樹も積極的に行われています。地元福島で育てられた新種の桜「はるか」が「花見山プロジェクト(仮称)」の一隅に加わり、地域の復興支援につながることから今回の植樹となりました。

この記事の画像

「福島で育てた桜「はるか」を常磐道SA利活用拠点施設「セデッテかしま」(南相馬市)へ寄贈」の画像1 「福島で育てた桜「はるか」を常磐道SA利活用拠点施設「セデッテかしま」(南相馬市)へ寄贈」の画像2

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。