児童の近視患者数が20年前から3割増加!子供の3人に1人が授業に支障とは!?

児童の近視患者数が20年前から3割増加!子供の3人に1人が授業に支障とは!?
こんの眼科QRコード
       
軽度から強度まで様々な近視患者を2001年から延べ3万人近く治療してきた、こんの眼科(院長: 今野泰宏、住所:さいたま市浦和区常盤10-7-11)のもとへ、児童の近視の相談や来院が近隣のみならず遠方からも5年前に比べ1.4倍に増えています。その希望に応えるため、近視進行抑制方法について最新の治療を提供しています。

【学校生活の変化で小学生の近視が進行】
児童の近視が進行しています。小学生の裸眼視力1.0未満が、20年前の4人に1人から最近では3人に1人に増えています。小学生裸眼視力1.0未満:令和元年(2019年)34.57%、H11年(1999年)25.77%
https://www.mext.go.jp/content/20200319-mxt_chousa01-20200319155353_1-3.pdf 厚労省データ
原因としてスマホやタブレットの使用が増え、外で遊ぶ機会が減って太陽に当たる時間が少なくなったこと、さらに新型コロナウイルスの影響で家庭内で近くばかり見る時間が圧倒的に増加したことが考えられます。

【新しい近視抑制法】
今までの常識は近視になったらメガネをかけ、さらに進んだらメガネを強くすることでした。その一方で、できればメガネはかけさせたくない、スポーツや授業中にメガネはしたくないという小学生と親御さんの声が多くありました。そこで最新の児童の近視進行抑制法として、デュアルメソッド法の相談が急増しています。

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。