顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース

顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース
拡大する(全4枚)
メイン
商圏分析・エリアマーケティングGIS(地図情報システム)の開発・販売・運用支援を行う技研商事インターナショナル株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:小嶌 智海、以下「当社」)は、 15年以上エリアセグメンテーションデータの開発、販売をしてきたノウハウや、本件にかかわる特許*1に基づき、新たなエリアセグメンテーションデータ「c-japan(シー・ジャパン)」の販売を2021年3月4日(木)開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/249470/LL_img_249470_1.png
メイン


■c-japanとは
【求められる背景】
少子高齢化や都市部への人口集中等により家族の姿や働き方が多様化する中、自社の顧客をよりよく理解するには、単一的な指標ではなく、家族構成や所得、消費傾向、価値観など複数の指標を複眼的に分析することが必須となっています。一方、複眼的なデータ分析は人材や費用の確保が難しいことや、保有する顧客データが住所や性別データのみという企業も少なくないことにより、企業では顧客のプロファイリングが進みにくい課題があります。

そんな中、地理情報と人口統計データを掛け合わせ、住所データから“どんな人が住んでいるか”を分析できるジオデモグラフィックス手法の分析ニーズは、コロナ禍で顧客が見えにくくなっている今、より高まりつつあります。c-japanは、年齢や家族構成、住宅、就業等の特性に「年収」や「地価」も加味した独自の分類技術を用い、町丁目や郵便番号界、メッシュ単位でマーケティング分析にフィットしやすい形に分類したエリアセグメンテーションデータです。広告ターゲティングや店舗戦略、MD(マーチャンダイジング)施策等で重要となる“顧客像の具体化”を支援。顧客との戦略的なコミュニケーション設計に寄与します。

この記事の画像

「顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース」の画像1 「顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース」の画像2 「顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース」の画像3 「顧客像やジオターゲティングエリアを可視化するエリアセグメンテーションデータ「c-japan」、3/4(木)リリース」の画像4

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月4日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。