ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す

ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す
拡大する(全4枚)
うずまきタスクロゴ
Luna et Lapin(所在地:茨城県日立市、代表:大川 貴世美)は、ADHDであることを当たり前として受け入れてくれる社会を目指し、タスクも時間も一括管理ができる「うずまきタスクノート」の商品化のため、2021年5月20日より「CAMPFIRE」にてクラウドファンディングを実施、開始3日で目標金額の35万円を達成しました。次なる目標として「支援者500人」を目指します。

詳細ページ: https://camp-fire.jp/projects/view/423996/

大川自身がADHD、不注意優位の混合型という発達障がいです。見た目にはその兆候は全くなく、自分でも「普通のことが当たり前にできないこと」が不思議で仕方ありませんでした。入社して3ヶ月で鬱病を発症し退社したときに自分がADHDと発覚しました。それまでは自分ができないことを責めていました。ADHDは性質であって、自分自身がADHDということを理解し、一生付き合っていかなければならないと気づきました。でも私が気づいたところですぐにはADHDのことを周囲に伝えられず、気持ちがすれ違い、辛い想いもしました。

自身もADHDであり幼児教室を経営する大坪信之氏の著書によると、発達障害の子どもたちは2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。「ADHD」という言葉はメディアでも取り上げられるようになり、身近になりました。しかし、理解を得られている状況とは言い難く、発達障がいとまではいかない、凹凸さんや繊細さんを含めた環境が改善したとは言い切れません。ADHDであることを周りに隠して、普通に見られたいと思っている人もたくさんいます。

この記事の画像

「ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す」の画像1 「ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す」の画像2 「ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す」の画像3 「ADHDを抱える人もタスクの漏れや無駄を改善できるノートが3日で目標金額を達成、「支援者500人」を目指す」の画像4

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク