睡眠障害の市場規模は、2026年までに13億1,000万米ドル以上に達する見込み

睡眠障害の市場規模は、2026年までに13億1,000万米ドル以上に達する見込み
拡大する(全1枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/fVTP4xI9ncWbgbCjZ6dn.png


睡眠障害の市場規模は、2026年には13億1,000万米ドル以上に達すると予想されています。2017年には、睡眠時無呼吸症候群治療器が収益面で世界市場を支配しました。2017年には、アジア太平洋地域が世界市場の収益に最も早く貢献すると予想されています。
睡眠は複雑な神経状態であり、体内のエネルギーレベルを回復させるのに役立ちます。睡眠の質やパターンが変化すると、睡眠障害を引き起こす可能性があります。睡眠障害は、いびき、不眠症、うつ病、睡眠時無呼吸症候群などを特徴とする睡眠の問題と定義されています。最近の調査では、米国では25歳から59歳までのアメリカ人の約75%以上が睡眠障害に苦しんでいることが明らかになりました。睡眠障害は基本的に、入眠障害、日中の疲労、集中力の欠如、不安、抑うつなどを特徴としています。
睡眠障害市場は、様々な精神疾患を抱える人口の増加と、今後数年間における睡眠障害の治療に対する意識の高まりが主な要因となっています。さらに、人々の生活スタイルの変化や、座りっぱなしの生活を好む傾向の高まりも、今後数年間の市場成長を支える要因となります。さらに、労働文化の変化、高齢者人口の増加、睡眠の質の低下なども、予測期間中の市場成長を後押しします。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト:
編集部おすすめ

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク