砂糖菓子の市場規模は2026年までに695億米ドルに達する見込み

砂糖菓子の市場規模は2026年までに695億米ドルに達する見込み
拡大する(全1枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/SXLmwm2x36LIzIWedn48.png


Report Oceanが発表した最新の調査結果によると、世界の砂糖菓子市場規模は、2026年までに695億米ドルに達すると予想されています。2017年、世界の砂糖菓子業界では、オフライン店舗部門が収益面で優位に立っています。予測期間中、アジア太平洋地域が最も高い成長率を示すと予想されています。
人口の大幅な増加、食習慣の変化、可処分所得の増加が市場成長の原動力となっています。世界の砂糖菓子業界に影響を与えるその他の要因としては、菓子製品を贈る傾向が強まっていることや、市場のプレーヤーがプロモーション活動、広告キャンペーン、ソーシャルメディアマーケティングに投資していることなどが挙げられます。特にアジア太平洋地域の発展途上国では、所得水準の向上によるライフスタイルの改善が、市場の成長を促進しています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=5043

一人当たりの所得の増加、消費者行動の変化、電子商取引の増加などの要因は、今後数年間で砂糖菓子業界の成長を加速させると予想されます。しかし、健康意識の高まり、肥満関連疾患の増加、低カロリー食品の消費傾向の変化は、砂糖菓子産業の成長を制限すると予想されます。発展途上国からの需要の増加、オーガニックやプレミアムチョコレート製品の需要の増加、菓子製品を贈る傾向の増加などは、予測期間中に市場のプレーヤーに多くの成長機会を提供する要因となるでしょう。
アジア太平洋地域は、予測期間中、最も高い成長率が見込まれています。アジア太平洋地域の人口増加と可処分所得の増加が、同地域の市場成長を牽引しています。この地域では、中国、日本、インドなどの国の成長により、砂糖菓子の需要が増加すると予想されています。小売市場の発展、安定した経済成長、砂糖菓子をギフトとして使用する傾向の高まりが、この地域の市場成長を支えています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク