脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!

脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!
拡大する(全4枚)
脳卒中サバイバーの駆け込み寺
脳卒中当事者が自身の経験からの問題意識より設立した一般社団法人脳卒中ライフアドバイザー協会(所在地:愛知県名古屋市南区、代表理事:川端 邦裕)は、脳卒中当事者(脳卒中サバイバー)のお困りごとに応じたコンサルテーションサービス「脳卒中ライフアドバイザー(R)」の提供を2022年4月に開始いたします。また脳卒中サバイバーが一歩踏み出すための施設となる“駆け込み寺”も建立し、同時期に開設予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/275121/LL_img_275121_1.jpg
脳卒中サバイバーの駆け込み寺

「脳卒中ライフアドバイザー(R)」詳細URL: https://www.stroke-life-adviser.org/


<一般社団法人脳卒中ライフアドバイザー協会 代表理事:川端 邦裕より>
■提供背景
「リハビリ難民」だった私の経験と「180日の壁なんてない」事を伝えたい
脳卒中は脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などを言い、日本人の4人に一人が発症します。また、死亡原因の第4位という事で誰もがかかり得る命を落としかねない病気と言えます。このように脳卒中を発症しながら生き延びた人達の事を「脳卒中サバイバー」と言います。また、「脳卒中サバイバー」の多くの方が手足の麻痺・失語症など障害者となり後遺症を抱え社会復帰・自己実現の妨げとなります。私も例外ではありませんでした。発症後180日を過ぎると保険適用での治療やリハビリが受けられなくなる「180日の壁」によって「リハビリ難民」になってしまいました。しかしながら、私自身、東奔西走し、多くの方々から情報を頂き、優秀なリハビリスタッフのサポートを受けながら180日を過ぎても改善をする事ができました。

この記事の画像

「脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!」の画像1 「脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!」の画像2 「脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!」の画像3 「脳卒中サバイバーが脳卒中サバイバーのために創る未来 「脳卒中ライフアドバイザー(R)」2022年4月始動!」の画像4

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク