レビー小体型認知症治療薬の市場規模は2025年までに51.5億ドルに達し、年平均成長率は6%になると予測

レビー小体型認知症治療薬の市場規模は2025年までに51.5億ドルに達し、年平均成長率は6%になると予測
拡大する(全1枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/tyTRjmgqL6hj8rMCXjUH.png


レビー小体型認知症治療薬の世界市場は、2020年から2025年までの予測期間中、年率6%以上の健全な成長が見込まれています。レビー小体型認知症治療に対する政府の取り組みが活発化していることが、市場の成長を支えていると考えられます。例えば、米国では、アルツハイマー病やその他の認知症に対する公衆衛生モデルの構築を目的とした「BOLD Infrastructure for Alzheimer's Act」が制定されました。この法律では、今後5年間で約1億米ドルの助成を行い、一般市民への教育を充実させるとともに、さまざまな社会・医療サービス機関が実施している認知症対策を強化し、認知機能の低下に関連するデータを収集・配分します。さらに、米国国立衛生研究所(NIH)による斬新な研究開発イニシアチブにより、リューイ体認知症治療の促進と認知度の向上のために、開発資金の増加が強化されています。


レポートサンプルPDFのダウンロード @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC31

リーウィー小体型認知症の罹患率が増加していることや、この病気を治療するための関連薬剤が限られていることから、製薬会社はグローバルに焦点を当てた研究開発活動への投資を進めています。現在、リューイ体認知症の治療にはアルツハイマー型認知症治療薬が使用されていますが、今後数年のうちに様々なジェネリック医薬品が市場に登場するでしょう。
lewy body dementiaの治療費が高額であることから、医療提供者は、特定の側面を診療報酬の範囲内に収めることを求めています。リーウィー型認知症の治療に関する有利な規制は、経済的に弱い立場にある人々が質の高い治療を受けられることを意味しており、それが製薬会社のビジネスチャンスを広げています。しかし、リューイ体認知症治療のための臨床試験の数が急増していることは、既存の治療法の効率性を高めることで市場の利益を支えています。現在行われているリューイ体認知症治療薬の臨床試験の増加は、市場の成長を大きく促進する可能性があり、さらにこれらの臨床試験が成功した場合には、最終用途市場での新たな需要につながるでしょう。
2019年の世界のリューイ体認知症治療薬市場では、北米が大きくリードすると予測されています。脳関連疾患の症例数の増加、関連する認知症治療薬の手順の実施、改善された医療施設の利用、有利な償還政策などにより、この地域では飛躍的な成長の余地があると考えられます。さらに、高齢者人口が多いこと、研究開発活動への投資が活発であること、認知症治療へのアクセスが向上していることが、リューイ体認知症治療の需要をさらに高めています。
Allergan Plc.社、Mallinckrodt Pharmaceuticals社、GlaxoSmithKline社、Jazz Pharmaceuticals社、Janssen Pharmaceuticals社、Noven Pharmaceuticals社、Sanofi AG社、BioArctic AB社、Teva Pharmaceuticals社、武田薬品工業株式会社、Mylan NV社、Bayer AG社、Bausch Health Companies Inc.社などが、リューイ体認知症治療薬の世界市場調査に含まれる重要な企業です。


あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク