株式会社秩父まちづくりは埼玉県秩父市の歴史的建造物を活用した古民家再生ホテルなど地域活性化を推進します

株式会社秩父まちづくりは埼玉県秩父市の歴史的建造物を活用した古民家再生ホテルなど地域活性化を推進します
拡大する(全3枚)
小池煙草店

 株式会社西武プロパティーズ(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:上野 彰久、以下「西武プロパティーズ」)、一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社(本社:埼玉県秩父市 会長:北堀 篤、以下「観光公社」)、株式会社NOTE(本社:兵庫県丹波篠山市 代表取締役社長:藤原 岳史、以下「NOTE」)、三井住友ファイナンス&リース株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橘 正喜、以下「SMFL」)、の4社で共同出資する「株式会社秩父まちづくり」(以下「秩父まちづくり」)は、秩父市と連携し、秩父エリアの歴史的建造物や古民家を再生し活用したカフェ・レストラン・宿泊施設を展開し地域活性化を推進します。


 秩父市では、昨今、市内の空き家増加や人口流出による山間集落の過疎化等が地域課題となっています。そうした課題を解決するために、秩父まちづくりは豊かな自然資源や特徴的な歴史文化を擁する秩父全域を対象にエリア計画を策定し、歴史的建造物の利活用を通じて秩父の魅力を発信するとともに、これからの時代に向けた新しい観光の態勢を構築することで地域の活性化を創出、移住のきっかけ作りや関係人口の増加を図ります。


 秩父エリアにおける古民家活用事業の第1期(以下、本事業)として、秩父まちづくりは、西武鉄道西武秩父駅周辺エリアに点在する「小池煙草店(登録有形文化財)」「宮谷家(小池煙草店に併設)」と「マル十薬局」3件の改修に取り組む計画で、レストランやカフェを併設した宿泊施設として再生、秩父市の新たな観光拠点とすべく2022年春頃のオープンを目指して事業を進めています。本施設は3棟で1つの分散型ホテルであり、地域内にホテル機能や客室が点在することで滞在客の地域内回遊を生み出します。


この記事の画像

「株式会社秩父まちづくりは埼玉県秩父市の歴史的建造物を活用した古民家再生ホテルなど地域活性化を推進します」の画像1 「株式会社秩父まちづくりは埼玉県秩父市の歴史的建造物を活用した古民家再生ホテルなど地域活性化を推進します」の画像2 「株式会社秩父まちづくりは埼玉県秩父市の歴史的建造物を活用した古民家再生ホテルなど地域活性化を推進します」の画像3

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク