うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが国内最大の認知行動療法研究機関と検証

うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが国内最大の認知行動療法研究機関と検証
拡大する(全2枚)

 ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は、日本国内最大の認知行動療法研究機関である国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター(東京都小平市、センター長:久我弘典、以下 認知行動療法センター)と共同で、国内のうつ病患者を対象にVRを活用した認知行動療法の有効性を検証してきました。その結果、対象となったうつ病患者のスコア改善が認められました。またVRによる有害事象はなく、うつ病に対するCBT治療の中でVRが安全性に問題がないことを示しました。
 本研究の結果は、9月11日(土)北アイルランドで開催された国際学会「欧州行動認知療法学会(EABCT)」にて発表されました(発表者:駒沢あさみ)。(https://eabct.eu/


画像 : https://newscast.jp/attachments/OHLzXqXD7XfaZ5QP6MbA.png


■研究内容

 本研究では、うつ病患者7名の被験者を対象に、PoCot(Positive Valence System-Focused Cognitive Behavioral Therapy for Depression)のコンセプトに合った57のコンテンツを選択し、週1回の対面セッションとセッションの間にVRを使い、快い質感をじっくりとあじわう練習をしてもらいました。
 VRについての研究は様々なものがありますが、健康な人や、不安症に関するものがほとんどでした。医療機関において、実際に通院しているうつ病患者を対象とした研究は世界的にも先端的な取り組みとなります。


この記事の画像

「うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが国内最大の認知行動療法研究機関と検証」の画像1 「うつ病向けVR共同研究にて、うつ改善と安全性を認める。ジョリーグッドが国内最大の認知行動療法研究機関と検証」の画像2

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク