ウィルソン病治療薬の世界市場規模、シェア、成長、トレンド、機会、および2028年までの予測

ウィルソン病治療薬の世界市場規模、シェア、成長、トレンド、機会、および2028年までの予測
拡大する(全1枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/i57yDxb1lz1JX89zjjXU.png


ウィルソン病治療薬市場は、世界的にウィルソン病に関する個人の認知度が高まっていることを背景に成長しています。ウィルソン病は、ATP7Bという銅結合タンパク質の機能低下を原因とする遺伝病です。銅結合タンパク質が失われると、銅の輸送と排泄がうまくいかなくなり、血中に遊離銅が蓄積されます。その結果、脳や肝臓などの臓器にダメージを与えます。本疾患は、他の重篤な肝疾患や神経疾患との認識や鑑別が困難であるため、ウィルソン病の実際の有病率よりも診断される患者数が少ないのが現状です。キレート剤は、ウィルソン病の疾病管理における第一の治療法と考えられています。銅の尿中への排泄を促進することで、肝細胞への銅の過剰な沈着を防ぎます。


サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=35154

ウィルソン病は、肝臓や脳への遊離銅の蓄積の度合いが特徴です。一方、この病気に罹患した患者は、無症状の場合もあれば、神経症状、精神障害、肝疾患など、種類も重症度も異なる1つ以上の臨床症状を持つ場合もあります。腹痛、疲労感、食欲不振、黄疸、発声・嚥下・身体調整の障害、制御不能な動作や筋肉のこわばりなどがウィルソン病の症状です。ウィルソン病治療薬の世界市場は、2021年から2028年までの予測期間中、約6.2%のCAGRで健全な成長が見込まれています。
ウィルソン病は、急性肝炎の患者が年齢に関係なく発症する可能性があります。欧州協会によると、急性肝不全患者の約6~12%がウィルソン病に罹患していると推定されています。その中でも、女性の急性肝不全患者はウィルソン病に罹患しやすいと言われています。ウィルソン病は、低ヘモグロビン、低コリンエステラーゼ、深在性黄疸の患者に例外的に多く見られます。
早期発見を可能にする患者支援プログラムを実施するなどの技術的進歩の出現により、ウィルソン病の認知度は高まっています。しかし、この病気は合併症による治療費が高く、ウィルソン病の症状に対する人々の認知度が低いことが成長を妨げています。一方、インドや中国などの新興国では、医療観光がウィルソン病治療薬市場の需要に影響を与えています。このため、医療業界への投資が活発化し、市場関係者は戦略的提携により幅広い薬剤を提供することになります。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク