拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場規模は、2030年には4,535億米ドルに達すると予測|CAGR 40.7%

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場規模は、2030年には4,535億米ドルに達すると予測|CAGR 40.7%
拡大する(全1枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/2v9FdcoVaVDR0AYFapni.png


世界の拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場規模は、2021年に205億米ドルでした。2022年から2030年までの予測期間中、複合年間成長率(CAGR)40.7%を記録し、2030年には世界のAR(拡張現実)およびVR(仮想現実)市場規模は4,535億米ドルに達すると予測されています。


レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol618


COVID-19インパクト分析

世界の拡張現実(AR)および仮想現実(VR)市場の収益は、COVID-19の流行期に成長しました。この市場では、人口の間で拡張現実と仮想現実の技術に対する需要が高まっていることが目撃されました。これは主に、企業の業務形態が急激に変化したことによるものです。多くの企業が遠隔地で業務を行うようになったことで、流行の最中にも業界が拡大しました。さらに、サービスプロバイダーが研究開発に投資し、効率的なソリューションを開発する機会にもなりました。2020年中国春雲オートショーでは、パノラマコンテンツ、ビッグデータ、AR技術、Web 3Dなどを統合し、複数のサービスを提供することで組織に貢献できる先進技術を紹介した。
さらに、世界の拡張現実(AR)および仮想現実(VR)市場は、主にポイントオブケア、患者管理、遠隔医療、在宅医療などの需要の高まりにより、ヘルスケア分野で新たな機会が生まれる可能性があります。
影響を与える要因
- スマートフォンやスマートデバイスの普及率の上昇が、世界のAR(拡張現実)・VR(仮想現実)市場に影響を与えると予測。
- AR、VR技術の需要が増加し、コンテンツ制作や専門的なトレーニングに応用されていることが、市場の成長を促進すると予測されます。AR、VR技術の用途は、ビデオゲームに限りません。ブランドは、ARとVRの新しい用途を見つけることに注力しており、これが最終的に市場成長の原動力となります。
- AR・VR技術の使用に関連する健康への懸念は、市場成長の妨げになると予測されます。仮想現実や拡張現実のデバイスの没入感や使いすぎにより、ストレスや不安の症状が現れる可能性があります。
- 先進的な製品の導入は、予測期間中に市場の成長を加速させると考えられます。サムスンは、Oculus VR社と共同で、仮想現実機器を発表し、多くの人々に利用されています。
地理的分析
アジア太平洋地域は、投資の増加とスマートフォンの普及率の上昇により、オーグメンテッドリアリティとバーチャルリアリティの世界市場を支配すると予測されています。さらに、防衛および商業分野を強化するための政府の取り組みは、世界の拡張現実(AR)および仮想現実(VR)市場の市場参加者に有利な成長機会を提供すると予測されます。さらに、この地域には多くのディスプレイボード産業が存在します。そのため、アジア太平洋地域の拡張現実(AR)および仮想現実(VR)市場の成長に貢献するでしょう。さらに、市場関係者は、この地域で成長している自動車やヘルスケアの分野で十分な機会を得ることができるでしょう。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク