情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ『Sound Display』を2021年11月30日より提供開始 “音の見える化”で生活向上の一助に

情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ『Sound Display』を2021年11月30日より提供開始 “音の見える化”で生活向上の一助に
拡大する(全3枚)
Sound Display
情報技術開発株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 一郎、略称:tdi)は、AIを活用して身の回りの音を通知してくれる聴覚障がい者・難聴者向けスマートフォンアプリ『Sound Display(サウンドディスプレイ)』を2021年11月30日(火)より提供開始いたします。

※Sound Displayは、情報技術開発株式会社が商標登録出願中です。
【URL】 https://www.tdi.co.jp/sound-display/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/287600/LL_img_287600_1.png
Sound Display

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/287600/LL_img_287600_2.png
利用イメージ1

■主な機能
<音認識機能>
AIを活用して身の回りの音を認識してユーザに通知してくれます。

・多様な通知方法:アプリの音通知画面、PUSH通知、LEDライト、スマートウォッチ
・プリセット音 :緊急地震速報(テレビ)、火災警報器、
緊急車両(パトカー・消防車・救急車)、インターホン

<音登録機能>
プリセット音以外で認識してほしい音をアプリ内から録音・登録できる機能(最大5個)です。登録すると、個々人の環境に合わせた音の認識が可能となります。また、アプリ内以外に、録音アプリなどで録音した音をSound Displayに連携して音登録することもできます。

この記事の画像

「情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ『Sound Display』を2021年11月30日より提供開始 “音の見える化”で生活向上の一助に」の画像1 「情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ『Sound Display』を2021年11月30日より提供開始 “音の見える化”で生活向上の一助に」の画像2 「情報技術開発、聴覚障がい者・難聴者向けアプリ『Sound Display』を2021年11月30日より提供開始 “音の見える化”で生活向上の一助に」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク