脱炭素社会に寄与する、電力取引DXのデジタルグリッド大手事業会社7社を引受先とする第三者割当増資による18億1,332万円の資金調達

脱炭素社会に寄与する、電力取引DXのデジタルグリッド大手事業会社7社を引受先とする第三者割当増資による18億1,332万円の資金調達
拡大する(全1枚)
デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)
デジタルグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:豊田 祐介)は、ソニーグループ株式会社、ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社、東急不動産株式会社、株式会社東芝、三井化学株式会社、横河電機株式会社、株式会社MOL PLUSを引受先とする、第三者割当増資による18億1,332万円の資金調達についての契約を締結いたしました。この資金調達により、再生可能エネルギーの安定的普及などを目指す、自由な電力取引の社会的プラットフォーム構築をさらに推進していきます。


1. 引受先
下記の7社に引き受けいただき、2021年12月末までに全社の払込み完了予定です。

引受先/本社所在地
・ソニーグループ株式会社/東京都港区港南1-7-1
・ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社/大阪府大阪市淀川区塚本1-15-27
・東急不動産株式会社/東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ
・株式会社東芝/東京都港区芝浦1-1-1
・三井化学株式会社/東京都港区東新橋1-5-2
・横河電機株式会社/東京都武蔵野市中町2-9-32
・株式会社MOL PLUS(エムオーエル・プラス)/東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビル5階
※記載は五十音順およびアルファベット順

2.今回の調達の目的 ~再生可能エネルギーのさらなる普及を目指して~
今回の資金調達により、デジタルグリッドが手掛ける自由な電力取引の仕組みである「デジタルグリッド・プラットフォーム(DGP)」のさらなる利用拡大・推進を図り、発電量が自然条件に左右される再生可能エネルギーの安定的な普及に取り組みます。企業が自ら再生可能エネルギーの調達を行う「コーポレートPPA」の拡大を、デジタルグリッドは先頭に立って推進していきます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

@Pressの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク