悩む小児接種、みなかみ町カルチャーセンターで4月3日に記録映像「ワクチン後遺症」上映会を開催
拡大する(全1枚)
チラシ
みなかみ町の住民で構成する子供の明るい未来を考える会は、~コロナワクチンについて考えよう~ 記録映像「ワクチン後遺症」上映会をみなかみ町カルチャーセンターで4月3日に開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/303875/LL_img_303875_1.png
チラシ

東京都江東区は、5~11歳の子どもがいる保護者約2千人に行ったワクチン接種に関するアンケート結果として、約9割が接種に不安を抱いているとの結果を発表いたしました。また厚生労働省は令和4年3月24日、全国の都道府県に対し新型コロナワクチンを接種後、長期間にわたる体調不良に悩む患者のため、相談窓口と因果関係の有無にかかわらず受診できる医療体制を整えて、情報を周知するよう求める通知を出しました。

様々な情報が飛び交う中、どのような情報を元に保護者が判断するべきか、一つの情報元として上映会を実施いたします。


<開催地>
〒379-1303 群馬県利根郡みなかみ町上牧1735
みなかみ町カルチャーセンター 大会議室

<参加費>
大人:500円 中学生以下無料

<上映時間>
第一部 10:00~12:00
第二部 13:30~15:30
第三部 19:00~21:00
※各部とも定員40名

<ホームページ>
https://uzagh.hp.peraichi.com/