公益社団法人土木学会(会長:谷口博昭)は景観・デザイン委員会(委員長:佐々木葉)が主催する「土木学会デザイン賞」について、2022年度のエントリー受付を開始いたしました。


土木学会デザイン賞は土木学会景観・デザイン委員会が主催する顕彰制度です。公募対象を広く土木構造物や公共的な空間に求め、計画や設計技術、制度の活用、組織活動の創意工夫によって周辺環境や地域と一体となった景観の創造や保全を実現した作品およびそれらの実現に貢献した関係者や関係組織の顕彰を行っています。


本賞は2001年度に創設され、過去21年間に209作品を表彰しています。近年では、規模は小さくても地域の日常生活の魅力づくりに貢献している作品や、防護柵などの普及品のデザイン性を高めて公共空間の底上げを図った製品など、受賞対象も広がっています。


多くの作品のエントリーをお待ちしております。


画像 : https://newscast.jp/attachments/eKJCAtIxY5FOZB3vMHEt.png
2021年度土木学会デザイン賞受賞対象作品


選考結果 | 土木学会デザイン賞 : http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result


募集要項
募集の対象となるもの
01 対象となるもの

道路・街路・街並み・広場・公園・駅・河川・海岸・港湾・空港などの公共空間・公共施設や、駅舎・空港など公共性の高い建築、橋梁・堰堤・水門・閘門・堤防などの構造物など、実現したもの。あるいは公共空間で標準的に使用される製品や材料。ただし製品や材料は、すでに複数の使用実績があることが条件となります。


この記事の画像

「土木学会デザイン賞 2022年度のエントリー受付を開始しました」の画像1 「土木学会デザイン賞 2022年度のエントリー受付を開始しました」の画像2 「土木学会デザイン賞 2022年度のエントリー受付を開始しました」の画像3