宇陀地域と狩猟者を結ぶ「かりつなぎ」特別イベントに高校生5人が参加
拡大する(全2枚)

森庄銘木産業株式会社(本社:奈良県宇陀市、代表取締役:森本定雄、以下「森庄」)は、「かりつなぎ」サービス開始に向けた狩猟体験イベントを宇陀市と4回共同開催しました。過去のイベントでは合計47名の方に参加頂きました。多くの参加者から継続的に狩猟に関する体験や学びの機会をリクエストを頂いており、今回は宇陀地域で活躍する猟師、また宇陀市農林課に協力を頂き、実際の狩猟の様子や獣害被害の現状を教えてもらい、自分にできることは何かを検討するイベントを実施しました。当日、くくり罠にて雌鹿の捕獲がありましたので、参加者に見学範囲の確認の後、アニマルトラッキング~止め刺し~解体までを行いました。
本イベントでは、獣害が確認された山林でのアニマルトラッキングなどのフィールドワークと狩猟に関する座学、また解体を通して、参加者のスキル向上と理解を深めることを目指したイベントになります。また、「かりつなぎ」サービスは宇陀市の狩猟関係人口を拡大させることによって森林や林業での獣害低減を目標としています。


行政×民間企業×奈良県立国際高等学校における「グローバル探究Ⅱ」の一環

奈良県立国際高校は学校設定科目「グローバル探究Ⅱ」において、持続可能な社会を作るために様々な視点から高校生が考え、行動する探究活動を実施しております。クラスを解体し、生徒一人一人の興味関心に応じて、6つのゼミを設定し、取り組んでいます。その中の「いのちの輝きを未来に伝える」というゼミがあり、「害獣と呼ばれる野生動物のいのち」をテーマに取り組むグループがあります。奈良県の鳥獣被害の状況や、県の施策・取り組みの現状を学び、問題解決に向けて自分たちにできることを実践したいと考えている生徒さんを対象としています。その生徒さんから直接コンタクトを受け、本イベントの実施に至りました。


この記事の画像

「宇陀地域と狩猟者を結ぶ「かりつなぎ」特別イベントに高校生5人が参加」の画像1 「宇陀地域と狩猟者を結ぶ「かりつなぎ」特別イベントに高校生5人が参加」の画像2