不要になった衣料品の回収量に応じて1キロ=2.5円を 森林保全団体「more trees」に寄付し、‟多様性のある森づくり”を支援
拡大する(全4枚)

画像 : https://newscast.jp/attachments/nEjchlP5Ejg7tbjVtqMi.jpg


 青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は、エコ活動を推進する『Team AOYAMA Eco Project』の一環として森林保全団体「more trees(モア・トゥリーズ)」と取り組む“多様性のある森づくり”に向けた支援として、この度寄付を行いました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/or0Eul91HNDp4FsrYce4.jpg
四国山地にいだかれた高知県梼原町


 これまで当社では、「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」「ホワイト ザ・スーツカンパニー」「ユニバーサル ランゲージ」「ユニバーサルランゲージ メジャーズ」の店頭にてお客様から不要になった衣料品を回収し、リサイクル・リユースに取り組んでいます。加えて、2021年度からは回収量に応じて1キロあたり2.5円を森林保全団体「more trees」へ寄付する活動も開始しました。初年度(2021年4月~2022年3月)は合計340,129キロをお客様よりお持ちいただき、850,322円を寄付しました。
 今回の寄付は、高知県梼原町(ゆすはらちょう)の森づくりに役立てられます。梼原町は、林業はもちろん、森林セラピーや木質バイオマス、風水力発電などの自然エネルギーへの取り組みにも力を入れており、「more trees」が森の保全活動「more treesの森」の展開を開始した地域でもあります。
 「more treesの森」は、植林や間伐を行うことで”多様性のある森づくり“を目指しています。健全な森づくりは、CO2の吸収力を高めるだけでなく、土砂災害リスクの軽減や生物多様性が保たれるなど様々な機能の回復に繋がります。また、資源を活用した経済活動により地域の人々とともに持続可能性に向けて取り組みも進められています。
 なお、当社で回収した衣料品のほとんどは海外へのリユースもしくは車の断熱材や荷物の緩衝材などにリサイクルしています。また、回収した一部のスーツを使用した災害支援用リサイクル毛布を作製し、2019年からは地方自治体(計5自治体)への防災対策支援として寄贈を行っています。


この記事の画像

「不要になった衣料品の回収量に応じて1キロ=2.5円を 森林保全団体「more trees」に寄付し、‟多様性のある森づくり”を支援」の画像1 「不要になった衣料品の回収量に応じて1キロ=2.5円を 森林保全団体「more trees」に寄付し、‟多様性のある森づくり”を支援」の画像2 「不要になった衣料品の回収量に応じて1キロ=2.5円を 森林保全団体「more trees」に寄付し、‟多様性のある森づくり”を支援」の画像3 「不要になった衣料品の回収量に応じて1キロ=2.5円を 森林保全団体「more trees」に寄付し、‟多様性のある森づくり”を支援」の画像4