耕作放棄地の活用、ギガソーラーが福島県でNon-FIT太陽光発電事業を開始。~増加する再生可能エネルギー需要へ対応~2022年度中に電力供給(Non-FIT※1)を開始予定
拡大する(全3枚)
PR内画像
株式会社ギガソーラー(所在地:東京都港区、代表取締役社長:青木 克伸)は、増加する再生可能エネルギー需要に対応する為、福島県の耕作放棄地を活用しNon-FITによる発電事業を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/314210/LL_img_314210_1.jpg
PR内画像

温室効果ガスの削減の為、再生可能エネルギーの普及は喫緊の課題です。
2022年度エネルギーミックス改訂では、2030年度温室効果ガス46%削減に向け、再生可能エネルギーの電源構成比を現在の19.8%から36%~38%にすることを目標に掲げております。
2012年7月のFIT制度(固定価格買取制度)開始から、太陽光発電を含む再エネの導入は大幅に増加しました。太陽光発電は2011年度0.4%から2019年度6.7%に増加、再エネ全体では2011年度10.4%から2020年度19.8%に拡大しています。
しかしながらFIT制度は広く国民に負担を強いるもので再エネの自律的発展(普及)とは言えません。
株式会社ギガソーラーでは国の制度に頼らない、自社で開発~発電した電力を送電事業者の送電網で託送し、
クリーンな再生可能エネルギーを必要としている需要家に届けます。
発電所の建設は福島県の耕作放棄地(遊休・荒廃農地)を予定しています。
福島県には東日本大震災による原発事故の影響があり、除染が完了しても未だ営農を開始していない土地があります。

この記事の画像

「耕作放棄地の活用、ギガソーラーが福島県でNon-FIT太陽光発電事業を開始。~増加する再生可能エネルギー需要へ対応~2022年度中に電力供給(Non-FIT※1)を開始予定」の画像1 「耕作放棄地の活用、ギガソーラーが福島県でNon-FIT太陽光発電事業を開始。~増加する再生可能エネルギー需要へ対応~2022年度中に電力供給(Non-FIT※1)を開始予定」の画像2 「耕作放棄地の活用、ギガソーラーが福島県でNon-FIT太陽光発電事業を開始。~増加する再生可能エネルギー需要へ対応~2022年度中に電力供給(Non-FIT※1)を開始予定」の画像3