【大阪オートメッセ2018】機能は疑問だがとにかく凄い!? 目立ち度抜群のカスタマイズをご紹介!!

【大阪オートメッセ2018】機能は疑問だがとにかく凄い!? 目立ち度抜群のカスタマイズをご紹介!!
大阪オートメッセ2018には、オリジナリティあふれるカスタマイズカーが多数出展されていた。その中でも機能性は疑問だが、とにかく凄く目立つカスタマイズを施されたモデルが出展されていたので、その一部をご紹介しよう。

このWith Factoryが手がけたトヨタ「セルシオ」は、ワンオフのマフラーとそれに合わせて作りこまれたバンパーが装着されており、その斬新なスタイルに会場で多くの人が足を止めて注目していた。

マフラーがむき出しなので、トランクへのアクセス時に足をやけどしそうだが、メカニカル感が印象的だ。

続いて、BODY SHOP vivid lusterが手がけたスズキ「エブリイ」には稲妻のような不思議なワンオフのマフラーが装着されて、遠くからも一目でわかる目立ち度を発揮していた。

長すぎるマフラーパイプは、天井のステーで支えられており、安定感は抜群だが、おかげでリアハッチを開けることはできない。大雪の時は役に立ちそうだが、実用性というよりは迫力が優先のカスタマイズだろう。

アフェクションが手がけた トヨタ「ヴェルファイア」 のエアロパーツは、リアゲートがバンパーの部分まで伸びる斬新なデザインが採用されている。

大きくなったリアゲートは、壁が後ろに迫った駐車場では開けるのは困難だが、その利便性を上回るリアの存在感を追求したカスタマイズは、オリジナリティあふれる迫力のリアスタイルを演出してくれる。

最後は、オートサロンやオートメッセの常連のギャルソンが手がけたメルセデスベンツ「SL」だ。ボディだけでななく、ヘッドライトランプ内のレンズ内までもスワロフスキークリスタルがちりばめられ、作りこまれたこだわりのカスタマイズカーだ。こちらも機能的には意味がないが、会場での存在感とインスタ映えは、ばっちりで、デモカーの前で撮影する人が大勢いた。

カスタマイズの醍醐味は、機能性だけではなく、カスタマイズ後のワクワク感と純正とは違う存在感のあるスタイルに仕上げる面もある。最近のトレンドは安全性や快適性だが、クルマをいじる楽しみがより高まるようなカスタマイズパーツが続々出ることを期待したい。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Autoblog 日本版の記事をもっと見る 2018年3月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。