【ビデオ】マツダ、次期「アクセラ」と思われる新型車をチラ見せ! 11月に発表すると予告

【ビデオ】マツダ、次期「アクセラ」と思われる新型車をチラ見せ! 11月に発表すると予告
マツダが次期「アクセラ」と思われる新型車のティーザー映像を公開した。「2018年11月に新時代が始まる」という1文が添えられていることから、実車の全貌は来月公開されるのだろう。ちなみに11月末には米国でLAオートショーの開催が予定されている。
今回公開されたティーザー映像で見ることができたのは、1カット目がテールランプからリア・ピラー(Cピラー)、リアのクォーター・ウィンドウと後部座席用ドアのオープニングライン。そしてもう1カットはフロント・ホイールアーチ上から後部座席用ドアまでのウエストラインを横から映し出す。

まるでファストバック・クーペのようにテールランプまで傾斜したリアエンドや、リアのクォーター・ウィンドウに備わるシルバーのトリム、後部座席用ドア後端に見られる"く"の字のオープニングライン、フラットなフロント・フェンダーとそこから立ち上がるフロント・ウインドシールド(Aピラー)の角度などは、明らかに2017年の東京モーターショーに出展された「魁(KAI)コンセプト」から引き継がれていることが分かる。

逆に魁コンセプトと異なるのは、一般的な窪みを持つドアハンドルと、そしてその上に、シャープなキャラクターラインが入れられていることだ。このラインは前輪ホイールアーチの上から前席用ドアの後端付近までエッジが鋭く、そしてそこから後方は滑らかな曲面へと展開していき、後部座席用ドアハンドルの位置でボディ・パネルに溶け込んでいる。現行型アクセラのように、前後のホイールアーチを強調して隆起する筋肉質な曲線とは明らかに違う。これが新世代の「魂動」デザインということになるのだろうか。

あわせて読みたい

Autoblog 日本版の記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。