知っておきたい! 医療費が安くなる3つのポイント

知っておきたい! 医療費が安くなる3つのポイント
医療費は制度が複雑なため、知識を知っているだけで医療費を安くすることができます。今回は、医療費を安くする3つのポイントを紹介します。

1. 大病院は特別料金がかかる
入院用のベッド数が200床以上ある大病院を、医師の紹介状なしではじめて受診すると、通常の医療費の他に選定療養費という特別料金を徴収されます。この特別料金は健康保険が適用されないため、全額自己負担となります。

料金は病院によって差がありますが。厚生労働省によると最低105円、最高8400円で、平均1998円となっています。

なぜ大病院では特別料金がかかるのか
日本では、受診する医療機関を患者が自由に選べるため、軽い症状でも大学病院などに行く人が多く、大病院で働く勤務医の過重労働の原因となっています。厚生労働省は、大病院では手術や化学治療など高度な医療を担当し、町の診療所は慢性期や軽症の患者の治療を行うなど、医療機関の役割分担を明確にする政策を進めています。そのため、初診で大病院に行くより町の診療所や中小病院に行ったほうが医療費は安くなる仕組みになっているのです。

2. 診察時間外は特別料金が加算される
病院があらかじめ決めている診察時間以外に治療を受けると、特別料金が加算されることを知っていますか? 深夜、時間外、休日に受診した場合も特別料金が加算されます。

3. 院内処方より調剤薬局のほうが高い
病院・診療所と調剤薬局では薬の処方にかかる技術料に、異なる価格が設定されていることを知っていますか? 患者にどんな薬を出すかを指示する処方料は、院内で薬を出すよりも、処方せんを書いて調剤薬局で薬を出してもらうほうが高くなります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビーカイブの記事をもっと見る 2013年11月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら