出版志望者は東京へ

出版志望者は東京へ
出版不況がさけばれて久しいですが、将来は本や雑誌を作る仕事に関わりたいという人はそれなりにいるのではないでしょうか。その場合、必至の行為があります。それが上京、東京へ来ることです。


なぜ東京なのか?
なぜ東京へ来ることが必要なのかといえば、ほとんどの出版社が東京へ一極集中しているからです。もちろん、名古屋や大阪など、大都市にも出版社はあります。それらの会社は地域密着型のガイドブックや雑誌などを出していたりといったところなので、仕事の幅が限られます。

規模が小さい
さらに出版社というのはメディアの中では規模が小さな部類になります。放送局ならば、地方にもあります。新聞社もそうでしょう。ですが、出版社はやはりほとんどが東京へ集中していますので、まず東京へ来るということが必要です。

編プロも東京集中
さらに出版社から、下請けの仕事をもって編集作業を行う編集プロダクションもほとんどが東京へ集中しています。出版社は狭き門なので、まずは編集プロダクションで修行をするという手もあります。ですが激務薄給のため、とてもハードな仕事です。

「野坂昭如文体とは?」の詳細を調べる

元記事をビーカイブで確認!

あわせて読みたい

気になるキーワード

ビーカイブの記事をもっと見る 2016年4月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら