プラウィット副首相、「中国でタクシンと面会」の憶測を否定

プラウィット副首相兼国防相が中国でタクシン元首相とインラック前首相に会ったとの見方が出ていることについて、同副首相は中国から帰国した10月31日夜、「噂にすぎない」と述べ、面会の事実を否定した。 国外逃亡中のタクシン元首相と実妹のインラック前首相は日本で合流し中国を訪れたが、プラウィット副首相の中国訪問と時期が重なったことから、「中国で密会」との情報が流れていた。 副首相の今回の中国訪問は、先にイタリア・ミラノで開催された第10回アジア欧州会議でプラユット首相と中国の李克強首相が意見を交わした2国間の貿易・農業分野での協力強化について中国側と話し合うことを目的としたものという。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2014年11月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。