タイ投資、旧制度下で駆け込み申請殺到、非熟練労働者雇用を臨時規制緩和

       
タイ最大の商業銀行であるバンコック銀行は年4回、日系企業を対象とした経営セミナーを開催し、毎回多くの参加者を集めている。今年最初のセミナーは1月23日に行われ、商工中金からタイ投資委員会(BOI)に出向している原田朝善・投資アドバイザーがBOI新投資奨励策の留意点、周辺事情などを解説した。 BOIには近年、年間約2000件の投資申請案件が持ち込まれる。しかし、旧投資奨励制度が適用される最後の年である2014年は通年で約3500件の申請を受け付けた。特に12月は2000件強の駆け込み申請があった。―― 【続きはバンコク週報紙面もしくはPDF版でご覧ください】
バンコク週報の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月30日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。