洪水対策で副首相が都知事を叱責

バンコクが3月24日に続いて25日も大雨による洪水に見舞われ、都民から当局への不満の声があがったことについて、プラウィット副首相は26日、スクムパン都知事は洪水について住民としっかり意思の疎通を図るべきだと叱責した。 先にプラユット首相からバンコクの洪水対策を任されたプラウィット副首相によれば、浸水問題を解決することや住民に説明することは都知事の仕事。 だが、住民は説明を受けていないため状況が理解できず、不満を口にしているとのことだ。 一方、都知事は、24日の洪水について「洪水がいやなら山に移り住んだ方がよい」と述べたことにネット上で批判が殺到したことから、26日になって「単なる冗談」と釈明。同時に「冗談」を報道したメディアを批判した。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年3月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら