漁業分野の人権問題、首相が悪徳企業に法的措置の構え

インドネシアの島で労働者が過酷な環境に置かれている問題にタイの漁船が関係しているとされることについて、プラユット首相は3月26日、タイ企業が関与しているなら法的措置を執るとの考えを明らかにした。 首相によれば、インドネシア・ベンジナ島の問題についてAP通信が同地でとれた魚がタイの港に輸送されており、また、タイの企業がミャンマー人やタイ人に過酷な労働を強いていると報じている。 タイ政府は人身売買問題の解決を最優先課題に掲げており、関係当局は必要があれば速やかに措置を講ずる必要があるとのことだ。 この問題について、首相はすでにプラウィット副首相(人身売買問題担当)と話し合っており、また、関係当局に対し、インドネシア側と協議するよう指示したとのことだ。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年3月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら