憲法改悪を支持した下院議員の弾劾請求、否決される

2013年に当時のインラック政権主導で行われた憲法改正が憲法裁によって違憲とされた問題で、立法議会(NLA)では8月14日、この憲法改悪を支持した当時の下院議員248人を過去に遡って議員罷免とするとともに公民権5年停止に処するとの弾劾請求が否決された。 可決にはNLA議員の5分の3、すなわち220人中132人を超える支持が必要だったが、約7時間をかけて元議員一人一人について行われた採決ではいずれも弾劾に必要な票数を割り込むことになった。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年8月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。