新憲法最終案、ステープ元副首相が支持を表明

新憲法最終案、ステープ元副首相が支持を表明
新憲法草案支持の立場を明確にするステープ元副首相
一昨年から昨年5月の軍事クーデターまで当時のインラック政権を非難する大規模な反政府デモを指揮したステープ元副首相(元民主党幹事長)は9月1日、「国民投票で可決されるに十分な内容」と述べ、新憲法最終案を支持する考えを明らかにした。 新憲法を現在の最終案の内容のまま制定するには、9月6日に国家改革評議会(NRC)で承認され、来年1月に実施される可能性の高い国民投票で可決される必要がある。 新憲法最終案については、一部で強い批判意見が出ていることから「制定には至らない」との声も聞かれるが、ステープ氏は、「改革を断行するという国民の要求に応えるものとなっている」と指摘。同時に国家戦略委員会の設置が盛り込まれていることを称賛した。同委員会に関しては、政治危機を打開するために強大な権限を有するものであり、「憲法に則ってクーデターを起こすに等しい」といった厳しい批判意見が出ている。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年9月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら