タクシン元首相の警察官階級、警察が剥奪を首相に請求

国外逃亡中のタクシン元首相に警察官時代の階級「警察中佐」を使わせないという階級剥奪の手続きがとられているが、プラユット首相は9月1日、警察当局から階級剥奪の申請のあったことを明らかにした。 タイでは軍人や警察官は退官後も現役時の階級を「元」をつけずに使うことが認められているが、懲罰としてこれを認めないのが階級剥奪。元首相は外国メディアに対し不適切な発言をしたことが理由で階級剥奪の検討が開始されることになった。 プラユット首相が警察庁の請求を了承し、国王陛下のご承認が得られれば、階級剥奪が発効となる。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年9月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら