バンコク爆弾事件、爆弾製造の「責任者」とみられる男に逮捕状

関係筋によれば、警察は9月8日、バンコクの爆弾事件で重要な役割を果たしたとみられる男の逮捕状をとった。 同容疑者は、仲間内で「イシャン」と呼ばれていた中国新疆出身の27歳の男。先にサケオ県で逮捕された容疑者によれば、イシャンは爆弾製造などにかかわった者たちを集めて何度か話し合いを行い、各人に指示を出していたとのことだ。 また、別の関係筋によれば、イシャンはエラワン廟で爆発があった8月17日の前日16日にスワンナプーム空港から飛行機で出国したとのことだ。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年9月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら