プラユット首相「新政府誕生までの間、改革と和解に尽力」

新憲法最終案が先に国家改革評議会(NRC)で否決され、新憲法の起草からやり直すことが決まったことを受け、プラユット首相は9月8日、「2017年7月の新政権誕生までの20カ月間、国内改革と国民和解の実現に力を入れる」と発言した。 また、「現政権は自分らが権力の座にいる期間が長くなるため、新憲法最終案が否決されることを望んでいた」との見方が一部で出ていることについて、プラユット首相は「新憲法最終案の否決で個人的に得をしたことは何もない」と強調した。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年9月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら