バンコク爆弾事件での観光業損失は600億バーツ以上

政府庁舎関係筋によれば、8月中旬にバンコクで起きた爆弾事件の影響で外国人約133万人がタイ観光を取りやめたという。 その結果、タイの観光業は約643億バーツの損害を被ることとなった。 また、爆弾事件に対する35の国と地域の反応を調べたところ、香港、台湾、スロバキアが「不急不要のタイ訪問を控えるべき」と最も厳しい警告を出していたことが判明。 また、タイ国政府観光庁(TAT)の海外支部からの報告によれば、日本、韓国、香港、ベトナムなどで旅行会社が8月と9月のタイ観光パッケージをキャンセルしたとのことだ。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2015年9月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら