プーケットでミャンマー人29人救出

南部プーケット県からの報道によれば、地元警察が2月1日、同県ムアン郡沖の小島で施錠された部屋に閉じ込められていたミャンマー人29人を救出した。 これらミャンマー人は漁船で働かすために人身売買されたものとみられている。警察によれば、ミャンマー人たちをタイに連れてきたのは「ソモ」という名の男という。 また、ミャンマー人たちが閉じ込められていた部屋の外で見張りをしていたミャンマー人の女1人が逮捕された。なお、タイではタイ南部経由のミャンマー人人身売買が以前から問題となっており、関係当局が取り締まりを強化している。

あわせて読みたい

バンコク週報の記事をもっと見る 2016年2月2日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら